前へ
次へ

冬のスキンケアは保湿を重視したい

夏と冬で同じスキンケアの方法をしているという人は、今すぐその方法を変えたほうが良いです。
正直なところ、夏の肌ケアは冬の乾燥に耐えることができず、保湿が不足して乾燥をしてしまうことがあるので要注意です。
では、冬場は何をすればよいのかといえば、お風呂からでたらすぐに肌に水分を与えること、それと保湿をしっかりとすることの2点です。
これさえしっかりとしていれば、冬場の乾燥も怖くありません。
お風呂からでたばかりのときというのは、肌がたっぷりと水分を含んでいるので、潤いがあります。
しかしながら、入浴後は急速に水分が失われていくので、お風呂からでたらすぐに導入液を肌に与えてあげることが大切なのです。
プレ化粧水を使用することで、化粧水が肌に浸透しやすくなり、肌をたっぷりと潤わせることができるのです。
はじめに導入液を入れておくことで、乾燥を防ぎ、肌の保湿効果を高めることができるため、風呂場から出たら間髪を置かずに導入液を肌にひたひたとつけるようにします。
冬場のスキンケアで最も重要なのが保湿です。
化粧水導入液を使った後に、できるだけすぐに化粧水をたっぷりと肌に与えます。
こうすることで乾燥を防いで肌に潤いを与えることができるので、乾燥対策にはとても効果があります。
肌が潤った状態であれば、朝のメイクのノリも良く、一日中乾燥知らずに過ごすことができるので、朝晩の保湿ケアはしっかりとするようにしたいところです。
次に、化粧水を与えたら、それが蒸発しないようにするための美容液オイルを活用します。
美容液オイルの役割というのは、肌に皮膜を作り、水分の蒸発を防ぐ効果をもたらします。
美容液オイルは様々な種類のものが販売されているので、自分の肌に馴染むものを選ぶと良いです。
保湿がしっかりとされている肌というのは、毛穴が目立たないようになります。
もし、毛穴の開きが気になるようであれば、それは保湿が不足しているサインなのです。

裏DVD・裏BDをお求めならアンナをご利用ください!

Page Top